ニキビ 生活習慣

ニキビと生活習慣にはどんな関係があるの?

ニキビ 生活習慣

大人になってできる大人ニキビは、生活習慣の乱れからできると考えられています。

 

生活習慣というのは睡眠状態と睡眠時間、食事のバランス、生活態度、ストレスの有無、のことを指します。

 

 

 

職業の関係と言っても、夜遅く食事したり、日々のアルコール摂取、仕事上の人間関係のストレス、夜遅くて朝起きられないといった昼夜逆転の生活、時間とスキルと仕事量のバランスがとれずに仕事がはかどらないことからくる緊張とストレス、人前でプレゼンすることのプレッシャーからくるストレス、などのことです。

 

こうして見てみると、大人はいろいろと暮らしていくのに苦労しているものだと言えますね。

 

生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーも乱れます。

 

 

そうなると、内蔵の調子もそれほどよくないと言えます。それらが重なり、ニキビという形で肌の表面に表れてくるというわけです。とりわけ、口の周りの大人ニキビは内臓からの危険信号と考えられています。ニキビができていると思ったら、生活習慣を見直すことこそが重要です。

 

仕事に伴うプレッシャーが多過ぎると感じたら、自分のできることを見つけて、現在の状況を改善するといいでしょう。お酒を飲む方であれば、すぐに禁酒するのではなく、週に1回は休肝日を作ってお酒を控えるようにしましょう。食事がアンバランスだとしたら自炊を始める、あるいは確実に3食摂るなど、可能な範囲で改善していくことが大切です。